銀ちゃん出演作品レポート

「怪談百物語」 第十話「怪談源氏物語」

| | コメント(0) | トラックバック(0)

CX系列
火曜スーパー時代劇「怪談百物語」 第十話「怪談源氏物語」
放送日:2002年11月26日(火) 19:59~20:54
脚本:十川誠司
出演:片平なぎさ・保坂尚輝・野波麻帆・竹中直人・大村彩子 ほか
役:貞友(葵の上の家臣)

◆あらすじ
能の観劇中に源氏物語の世界に迷い込んだ蘆屋道三。
そこでは、葵の上の元に夜ごと鬼が出ると大騒ぎになっていた。
道三はその鬼払いを頼まれる。
そしてその鬼の正体が、光源氏と深い仲であった六条御息所ということが判明し、
必死に鬼払いをしようとするのだが…。

◆銀ちゃんは…
平安時代チックなえんじ色の衣装に烏帽子。
何気にすごい眉毛。そして何故か色黒。(爆)
葵の上の援護を一番に指揮しているだけあって、台詞も多いし出番も多かったです♪
鬼に飛ばされてました。

20:05
「何事ですか?」とどすどすやってくる人影。
銀ちゃんだ~♪

20:09
門の中から銀ちゃん登場。
歩き方ですぐ分かっちゃうあたりが何とも…(苦笑)。
蘆屋が陰陽師と判明するとすぐ拉致。

20:14
「ここは現世ではない」と言われ「はぁ???」。
そして帰ろうとする蘆屋を押し倒してます。(爆)
何かにつけ、偉そうな貞友。
たしかに光源氏は偉いけど、君はただの家臣で大して偉くないのでは?(爆)

20:16
「帰る」という蘆屋に必死で食い下がるものの、「そのようなことは苦手」と言われ、困ってしまう貞友。
この後しばらく銀之丞ファンへのサービスショットあり。(きのせい)

20:20
夜中の見張り番ご苦労様です。
鬼に飛ばされてます。

20:21
鬼の正体が生き霊と判明し、「一体誰の?」と蘆屋に食いついているんですが、何気に烏帽子の紐が喉あたりに食い込んでいるのが非常に気になる。(爆)

20:27
鬼の登場に腰が引けてます。

20:30
「生き霊の正体が分かった以上、手を打たねばならぬ。万が一祓いの儀がうまくいかねば」
ば~~ん!と刀を出す貞友。銀ちゃんの手だ~~(爆)。
何だかしらんが、すっかり蘆屋を脅している貞友。
他の人を頼もうとしていたんじゃなかったっけ??

20:40
生き霊に立ち向かうべく、衣装も対戦用に。(爆)
「陰陽師め、し損じたか!」と上段に構えてます。
きゃ~腕が出てるぅ~~!!銀ちゃんの腕大好き♪
そして思いっきり飛ばされちゃいました。ワイヤー付き??

20:46
「葵の上さま~」と駆け寄る貞友。
烏帽子の紐、長すぎませんか?掛け軸並(爆)。
ぶらぶらしてるの気になるんですけど。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「怪談百物語」 第十話「怪談源氏物語」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.ginpa.net/mt/mt-tb.cgi/270

コメントする

アーカイブ