銀ちゃん出演作品レポート

第十九回放送「しゅう最後の日、最後の授業」

| | コメント(0) | トラックバック(0)

「3年B組金八先生」第7シリーズ

放送期間:2004年10月15日~2005年3月18日
毎週金曜日22:00~22:54(TBS系列)

脚本:小山内美江子・清水有生
演出:福澤克雄・三城真一・加藤新・生野慈朗
出演:武田鉄矢・木場勝己・茅島成美・森田順平・星野真里 ほか

◆あらすじ
警察に通報する前に時間をもらい、「ドラッグを憎め」と最後の授業を行う金八。
とうとうしゅうは警察に逮捕されてしまった。

◆銀ちゃんは…

22:03頃<職員室>赤いベストに緑のポロシャツ
まずは先週の続きから。
金八の顔を見ながら泣きそうになっております。
「感情的にならずに冷静になった方がいいんじゃないですか?」
君に言われたくはないと思うんですけど。

22:10頃
「私は教室の外で待機してます。何かあったらいつでも声をかけてください」
いざというときには頼りになるのです、遠藤先生。
小田切先生と二人で取り押さえ要因なんですな。

22:14頃
CM明け、教室に向かってきた金八、遠藤、小田切。
心なしか髪の毛がセットされ直されています。
金八も涙の跡もないしね。

22:24頃
しゅうが教室で暴れまくり。
とりあえず教室に入ってきました。
でも吹き飛ばされてしまったり、案の定な状態に。腰もひけてるしね~。
とりあえず確保完了。面目躍如。

この後、アングルによってちょこちょこ映ってました。

話が狙いすぎてて、全然感情移入できないまま終了。ありゃりゃ。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 第十九回放送「しゅう最後の日、最後の授業」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.ginpa.net/mt/mt-tb.cgi/323

コメントする

アーカイブ