銀ちゃん出演作品レポート

第二十一回放送「揺れる金八、大揺れの3B」

| | コメント(0) | トラックバック(0)

「3年B組金八先生」第7シリーズ

放送期間:2004年10月15日~2005年3月18日
毎週金曜日22:00~22:54(TBS系列)

脚本:小山内美江子・清水有生
演出:福澤克雄・三城真一・加藤新・生野慈朗
出演:武田鉄矢・木場勝己・茅島成美・森田順平・星野真里 ほか

◆あらすじ
辞表を提出した金八。3Bは卒業遠足を企画するが、金八は来ないと言い張りショック。
やっとしゅうとの面談が許されたものの、しゅうは禁断症状にまだ苦しんでおり、面談も途中で打ち切られた。
乙女は金八が辞表を出したことを知り、青木からのプロポーズを断る。
引きこもりの舞子の元を玲子が訪ね、「これから何をしてあげられるかでしょ」と説教する。
卒業遠足のその日、生徒に導かれ向かった先では、生徒が麻薬撲滅というプラカードを掲げチラシ配りなどの運動をしていた。

◆銀ちゃんは…

22:12頃<荒川土手>
登校風景です。寒そ~。
ポケットに手を入れて生徒に「おはよう!」と先生らしく挨拶しております。
。。ポケットに手を入れると、転んだときに危ないですよ~。
「せえんせ~!」と3Bの生徒たちが遠藤先生の元に走ってやってきました。
危険を察知し、バックを右から左に持ち替えてます。腰がもろに引けてます。
「危ないっすよ、危ないよ」と文句を言いながらも生徒に囲まれ少し嬉しそうです。

22:14頃<職員室>
「おはようございます!」と小田切先生と一緒に職員室に入って来ました。金八を見つけてなんだかとても嬉しそう。
「実はわたし誘われちゃいましてね、土曜日の卒業遠足」と嬉しそうに金八に報告してます。
嬉しいことは人に話すと二倍になるっていいますしね(ぇ?)
3Bの生徒たちも、頭を使って来たわね。周りから固めてます、それも単純な人から。(爆)
でも金八は「2人でいっておいでよ」と冷たいお言葉。

22:15頃<職員室>
ずっと金八がかぶっていた遠藤先生がやっと映りました。
やっとしゅうとの面談が許され、ほっと安堵です。
なんか言いたそうに金八を見ていますが、小田切先生に遮られちゃいました。

22:44頃<上野駅>
崇史の横で「ドラッグを撲滅しようではありませんか!」と大声をあげながら、
ありえない柄のセーターを着て、プラカード持ってます。
金八を発見して「ご苦労様です、どうも」と駆け寄ります。髪の毛がさらさらして、なにげに女の子みたいな走り方です。
早速、乾先生に何やらセーターのことでしょうか?突っ込まれてます。苦笑いしております。
そしてなんだかとっても嬉しそう~♪遅れて登場した舞子を見る目がやさしいです~。

今日は、遠藤先生の笑顔満載でしたな。 嬉しそうな遠藤先生の顔を見るとこちらまで少し元気になれます。 それにしてもあのセーターって。。。どうなの??(ギャラリー参照)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 第二十一回放送「揺れる金八、大揺れの3B」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.ginpa.net/mt/mt-tb.cgi/325

コメントする

アーカイブ